やっぱりMONOが好き!!

いろいろなモノをご紹介。趣味でバイクカスタムもしています。

Mac用にe元素のUSゲーミングキーボードがとてつもなく良い件【感想】【レビュー】

結局買ってしまいましたよね、M1Mac。みんなが良いっていうものですからどんなものかとMac miniで様子をみようと思い購入。キーボードはどうしようかなととりあえず前に使っていたHHKBを使っていたのですが…。

 

試しに買ったe元素のキーボードがHHKBに対抗できるくらいよかったので紹介していきます。

なぜUSゲーミングキーボードなのか

 MacのJISキーボードの良いところは、「CAPSLOCKの位置がControlキーになっている」ことと、「かなキー」「英数キー」があって直感的にIMEを切り替えられること。Windowsを使っているひとには想像できないほど、この位置関係は便利なんですよね。

 

一方のUSキーボードの良いところは、近年ゲーミングデバイスの流行で安いメカニカルキーボードがたくさん出てきたこと。MacのJIS配列でメカニカルになると2〜3万円するところですが、WindowsのUS配列なら4,000円くらいからあります。

 

なぜこんなにWindowsのUS配列が安いのかというと、まず全世界で使われているので大量生産されていることと、メカニカルキーボードの利点である物理スイッチの特許が切れているので模倣品の安いCherry互換スイッチが、これも大量生産されているからなんです。

 

karabinar-elements

MacでWindowsのUSキーボードを使うとどうなの?というところですが、Karabiner-Elementsを使えば、MacのJIS配列にかなり近づけることができます。

 

そもそも高級JIS配列キーボードのHHKBも独自ドライバを入れてキーボード配列を調整しますし、Mac標準のUSキーボードでもCommandキーを「かなキー」「英数キー」に入れ替えている人がほとんどなので、キーボード配列をいじるのは当然といった現状なんです。

e元素のゲーミングキーボードがめちゃくちゃいい件

そんな背景のなか買ってみたのがこのe元素のメカニカルキーボード

 5,000円以下という安さですが、これが思ってた以上に良い品質なんです。もうちょっと安いe元素のキーボードもありますが、そちらは無駄に光る設定の自由度が低いのと、茶軸の選択肢がないんです。

 

この茶軸のスイッチを選べるのは良いです。安いゲーミングキーボードはほとんどが青軸ですが、これでブログなんか書くと「カシャカシャカシャ」とタイプライターで書いているような感覚です。茶軸は「スコスコスコ」という感じで押したクリック感がちょうどいい感じ。

 

この模倣品の茶軸が高級キーボードHHKBのとかなり感覚が似てるんです。

 

e元素キーボード

次にちょっと写真をみていただくとわかると思うのですが、キーボードの土台がアルミなんです。こんなキーボードは初めてですが、アルミであることでキーをタイピングしたときの安定感が安物のプラスチックとはぜんぜん変わってきます。

 

わたしはライターとしても活動していますが、無駄に仕事をしてしまうくらいの安定感。キーボードを買って無駄に仕事をしたのは、HHKBを思い切って買ったとき以来ですね。

 

肝心のキー配列ですが、わたしはこのように設定しています。

キーバインド設定

CAPSLOCKがこんないい場所を取ってるなんて…ということでControlキーに。

スペースバーの左右にある「Altキー」はOptionと認識されるので、「英数キーと」「かなキー」に。「Ctrlキー」をCommandキーに、「Winキー」をOptionキーにしています。

 

この設定のいいところは、WindowsのCtrl+CとMacのCommand+Cが同じ感覚でコピーのショートカットとして使えるところかなと。Commnad+CとCommand+Vはめちゃくちゃ多用するショートカットですよね。

e元素のゲーミングキーボードでちょっと困るところ

もともとWindowsのUSキーボードなのでちょっと慣れが必要なところも出てきます。

 

e元素のキーボードは、DeleteキーのすぐとなりにHomeキーがあります。MacではHomeキーは使わずControl+Aを使うと思いますが、雑にDeleteキーを押すとHomeキーを押してしまうときがある。これはいらないので間違ってHomeを押してもDeleteしてくれるようにしています。

 

あと記号の位置がぜんぜん違うのは覚えればいいのですが、感覚的に慣れが必要な記号がいくつかあります。

=(イコール):イコールを押すときは無意識にShiftを押してしまいますが、イコールはなにも押さずに「=キー」を押す必要があります。

・(中ぐろ):簡易なリストを書くときに「・」をよく使いますが、これもOptionキーなどは押さずに「/キー」を押す必要があります。

:(コロン):これも箇条書きの整理によく使いますが、何も押さないと「;(セミコロン)」になってしまい、Shiftキーを押しながら「;キー」を押すと「:」になります。JISと感覚がちょっと違いますね。

 

注意が必要なのはこれくらいのもので、ほとんどが慣れることで対処できます。それよりもMacのJISキーボードだと製品ごとにCommandの位置がちょっとずつ違うので、一番端のCtrlキーに統一されるのはかなりうれしいです

MacでUSキーボードを使うということ

USキーボードにコンバートすると慣れるのに時間がかかりそう…と思っていましたが、ほとんど違和感なくコンバートできています。MacにUSキーボードをと考えているならぜひ使ってみてください。

 

 あと副次的な効果としてUSキーボードが選択肢にあると、eBayとかでMacBook Proの中古が日本より5万円くらい安く買えるようになります。日本のJISキーボードは維持するコストがめちゃくちゃ高いんですよね…。