やっぱりMONOが好き!!

いろいろなモノをご紹介。趣味でバイクカスタムもしています。

YouTuberになりたいひとに読んでもらいたい記事

私はYouTuberのようなVtuberのような仕事をしています。YouTubeの収益化を担当してお客さまに権利を渡した後、Vtuberのプロデュースをしています。YouTuberのような仕事をしたあとはVtuberような仕事をして言えることをお伝えします。

最初は安いマイクの方が続けられる

YouTuberになるにはまずマイクですが、最初はそれほど良いマイクは必要ありません。なぜなら、YouTuberになるまでにはかなり時間がかかるからです。YouTuberによって説明が違うのは普通自分の経験しかしらないからで、だいたい3ヶ月から〜2年くらいかかります。

 

今のYouTubeでいきなりバズるということはまず絶対にありません。ですので、YouTuberの言う3ヶ月という最短はほとんどあり得ないと言ってもいいです。ですので、まず始めることと、次に続けることだけが目標になります。

 

スモールスタートという考え方があるのですが、最初は小さく始めて徐々に学んでいくことができるという考え方です。その考え方で一番おすすめできるのがこの記事のマイクです。

st250e.hatenablog.com

次にだんだんと動画の音声を良くしたくなる

もし既にオーディオインターフェイスという機械を持っているなら話は別になってくるのですが、先ほどのマイクにない機能がこのオーディオインターフェイスにつなげる機能です。私は大学時代に音楽をやっていたので詳しかったのなんとか助かりました。

エレクトレット・コンデンサーマイクをオーディオインターフェイスに入力しても音が出ない問題は先ほどのM4Uの記事で解説してあります。

 

で、動画の音声を良くしようとするとさきほどのオーディオインターフェイスにつなげる機能が必要になります。そこでおすすめしたいのが同じ888Mのこのマイクです。

st250e.hatenablog.com

 

YouTuberがよく話をしているコンデンサーマイクと呼ばれるマイクです。その入門機としては十分すぎる性能を持っています。これより安いコンデンサーマイクがないかいろいろ試しましたが、これより安いコンデンサーマイクなら絶対に先ほどのM4Uというマイクの方が良い音です。

 

仕組みを解説するのが難しいのですが、実は中身の仕組みはほとんど一緒なのです。なので、それより良い音のマイクを探す、そして安いものを探すならMPM-1000がおすすめです。

最後に自分にとって最高の音を探す

自分にとって最高の音質は、実は人によって違います。いわゆる歌い手という方にVtuberの音声を発注したことがあるのですが、とても聴けたものではありませんでした。それくらい自分にとって最高の音は違ってきます。

 

自分の最高の音を探すのはもちろん良いのですが、その前に最低限やっていただきたいことがあって、今でも私が実際に編集で使っている録音環境を紹介している記事があります。

st250e.hatenablog.com

 

この記事はかなり難しい記事ですので、今はわからなくても大丈夫です。もしオーディオインターフェイスを持っているならちょっと読んでみるといいかなと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。